需要が高まるジェネラリスト

エンジニアは技術を生産的に活用することで、高い評価を受けられるようになります。そのため、単価を上げるには高い専門能力を手に入れ、業務に応用できるように成長することが重要です。

ある分野のスペシャリストを目指すのは合理的な方法で、一般的なエンジニアはこの方針で単価を上げてきていました。また、マネジメントスキルがある人の場合、専門能力の習得を適度なレベルまで行った後、昇進を目指して管理職を目指すことにより、単価を上げている場合もあります。
このような方針がエンジニアが将来設計を立てる上で重視されてきたものの、状況は刻々と変わってきています。

新技術の開発が難しい状況になってきている影響で、企業では技術開発に新しい方針を打ち出すようになってきました。その方向性としてメジャーになっているのが、多様な技術を統合して新しい技術を生み出すというものです。
優秀なスペシャリストが1人だけいても生み出せないような、多分野の技術を組み合わせた新技術を創造することで、新たなシステムを作り上げるのに成功する事例も増えてきました。その影響で、複数の分野にまたがる技術を持っているジェネラリストの単価が上がってきているのが現状です。
これは、エンジニアが将来設計をする上で重要な事実でしょう。
今後の自分の専門性をどのように高め、広げていくかを考える上で、ジェネラリストとしてどんな分野をカバーするかという視点を持つことが大切になってきています。