年収の高さに伴う苦労

スマートフォンの普及と共に、IT業界が急激に発展しています。それと同時に、エンジニアの需要も上がり続けていきます。そして需要が高まれば、当然収入も増えていきます。
実際IT業界でスマートフォンなどのアプリ開発に従事しているエンジニアであれば、年収1000万円超える方も少なくありません。そうでなくとも、年収400万円以下の方は少なく、しっかりと仕事を行っていれば基本的に高収入な職業です。

しかし、決して楽な仕事ではありません。年収の高さと比例して、求められるものも大きいです。
例えば、アプリ開発を行っていく上では当然知識が必要になります。しかし、知識があるだけで生き抜いていける業界でもありません。
IT業界は発展し続けていますが、気づけば今までのノウハウが役に立たなくなっていることもあります。そのため、常に新たな知識と技術を得ることが必要です。
その際には勉強をし直したり、利用者の需要も考えながら開発を進めていく実行力も養うことになるため、最先端の技術進歩に合わせていくことは苦労が伴います。

また、大きなプロジェクトを任されるようになれば、技術と知識だけでは足りません。プロジェクトに関わるチームとの連携、クライアントとのコミュニケーションも重要になるため、秀でたビジネススキルも必要です。
「エンジニアは開発するだけで良い」という考えで参加すると、いずれ苦労する場面が出るでしょう。

>>エンジニアの収入に関する情報をさらに細かく知りたいなら:気になる!IT業界の収入